福井県坂井市観光ガイドWeb旅ナビ坂井

イベント 坂井市の祭りやイベントの情報を発信します !

月待の宴 朧~OBORO~

消滅の危機からよみがえった奇跡の城、重要文化財『丸岡城』を舞台に、特別な一夜を体感するツアー

丸岡城は、江戸時代以前に建てられ当時の姿で現在まで残っている現存12天守の1つです。

昭和23年の福井地震により石垣もろとも完全に倒壊しましたが、天守の材料や石垣などの主要部材の多くを再利用して昭和30年に修復修理され、日本の重要文化財となっています。

現存12天守の中で、完全に倒壊した状況から修復された天守は唯一丸岡城天守のみで、当時の姿が守られ、その価値が伝え続けられているのは、まさに奇跡といえます。

その丸岡城を舞台に、この日限りとなる幻の野外レストランで楽しむスペシャルディナーや日本一短い手紙といわれる「一筆啓上」体験など、「月待の宴 朧〜OBORO〜」を開催します。

重要文化財で愉しむ貴重な体験を通じて、通常では味わえない特別感を提供したいとの思いから、2023年10月28日(土)、29日(日)に丸岡城としても初めての試みとして実施致します。

 

contents.1:城郭ダイニング -CASTLE DINING-

この日限り。幻の野外レストラン。天守をのぞむ丸岡城内という絶好のロケーションのなか、福井のトップシェフが腕をふるい、この日限りのスペシャルなディナーを提供いたします。

地元の生産者やレストランスタッフが手を取り合い、地域の恵みを最大限に表現した料理の数々。特別な空間でグラスを傾け、美食を堪能するまたとない時間をお楽しみいただけます 。

 

Contents.2:お天守杯 -APERITIF-

天守最上階でたのしむ食前酒。普段は飲食禁止の天守最上階で、この日しか許されない特別なひと時を提供します。歴代城 主たちも愛した贅沢な景色を眺めながら、食前酒をお楽しみいただけます。

 

Contents.3:一筆啓上 -Brief Letter-

天守最上階で綴る、大切な人への手紙。日本一短い手紙といわれる「一筆啓上」。

徳川家康の家臣、本多作左衛門重次が妻へ宛てた手紙で、短いながらも陣中からの想い が込められていたことから、丸岡町では日本一短い手紙「一筆啓上」の文化が根づくようになりました。このツアーでは神聖な場所である天守最上階で一筆したためていただきます。

大切な人に想いを馳せてみてください。

 

詳細は特設ページをご覧ください。

開催日

2023-10-282023-10-29

開催時間 16:40 ~ 20:10
開催場所 丸岡城
住所 〒910-0231 福井県坂井市丸岡町霞町1−59
料金 100,000円/人
お問合せ

一般社団法人DMOさかい観光局

関連リンク

3 March.2024

SAN MON TUE WED THU FRI SAT
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31