坂井市観光ガイド Web旅ナビ坂井

輝く未来へ・・・みんなで創る希望の都市 福井県坂井市へようこそ

外国語自動翻訳

国鉄三国線廃線跡探訪

国鉄三国線

北前船交易でにぎわっていた三国の町は、明治30年に開通した北陸本線のルートからはずれてしまいました。物流の主役が海運から鉄道へと移っていった時代、三国の町も御多分にもれず、その流れに翻弄されていきます。

その危機を打開しようと、地元の熱心な鉄道敷設運動の末、明治44年、金津駅(現在のJR芦原温泉駅)~三国駅間(後に三国港駅まで延伸)に開通したのが、国鉄三国線です。

沿線は、あわら温泉や海水浴場、東尋坊といった観光地に恵まれ、一時期は大変にぎわいましたが、戦時下の昭和19年、昭和4年に開業した三国芦原電鉄(後の京福電鉄三国芦原線、現在のえちぜん鉄道三国芦原線)と一部区間が並走していること、また、不要不急路線(観光や参拝を目的とした路線)廃止の方針により、やむなく運休となり、線路は軍用鉄材として供出されてしまいました。

その際、三国駅~三国港駅間は京福電鉄に貸与され、電化した後、福井から京福電鉄の電車が乗り入れることになりました。(このとき、京福電鉄の三国駅~東尋坊口駅間は、観光を目的とした不要不急路線であったため、廃線となっています。)

戦後は、昭和21年に金津駅~芦原駅(当時の京福電鉄、現在のえちぜん鉄道あわら湯のまち駅に併設していた)間が復活し、一部の列車は、京福電鉄に乗り入れ、三国港まで走ったこともありました。

そして、昭和40年代に入り、この国鉄三国線も全国の多くのローカル線と同じく、モータリゼーションの変化を受け、旅客数が激減、昭和47年に惜しまれつつも廃線となりました。

ご注意 廃線跡散策の際には、JRやえちぜん鉄道の敷地内、線路跡周辺の民家や田畑に、むやみに立ち入らないでください。

ワンポイントコラム

国鉄三国線の面影

地元の人の足として親しまれた国鉄三国線の面影をたどってみませんか。廃線から約40年が経っていますが、ここに鉄道があったことを示すものが、結構残っていますよ。

みどころポイント

JR芦原温泉駅

1・2番ホームの西側、跨線橋上り口前にある名もないホームは、国鉄三国線のホームです。今はこのホームに列車が入ってくることもなく、ひっそりと残っています。

写真左手に見える小さなホームが、かつて三国線が乗り入れていたホーム。今は番線も付けられていません。

北陸本線と交わることなく
西方へ向かう三国線

遠望すると線路跡が見て取れる

柵の前で線路は途切れ既に草生

柵の先の橋桁も既にありません

JR芦原温泉駅北側の陸橋

ここからJR芦原温泉駅方面を見下ろすと、北陸本線から西へ分岐する国鉄三国線の築堤を見ることができます。線路は、JR芦原温泉駅の国鉄三国線のホームから延びて、小川の手前まで残っています。

その線路と平行して、途中に2つ車庫がある線路は、昔のセメント会社の引込み線。この線路は、保線用車や冬期のラッセル車の留置線として使われることもあるそうです。

千束トンネルは往時の面影を
残していません

あわら温泉へと続く並木道が線路跡

千束トンネル

線路跡は2車線の道路となり、緩やかな坂を上りきったところで、小さなトンネルを通ります。ここが千束トンネルでしたが、廃線後に改修され、鉄道の頃の面影はもう残っていません。

ここからえちぜん鉄道三国駅の手前まで、線路跡は街路樹が立ち並ぶ一直線の道路になっています。

千束トンネルの上に通っている道は旧北陸道です。すぐそばには大きな榎(えのき)の木の一里塚が、昔のままの姿で残っています。

三国駅手前で線路は不自然に右に曲がっています

歩道橋から俯瞰すると線路の付け替えられた場所がよく分かります

左手の草生した築堤が不要不急路線として区間廃線となった京福電鉄の線路跡

三国駅の手前に、現駅舎が建てられる前の、国鉄時代のホーム跡が残っています

えちぜん鉄道
三国駅手前の踏切

えちぜん鉄道三国駅手前の踏切周辺には、見どころが多く残されています。

ここから三国駅方面を望むと、線路が右へクランクしているのがわかります。ここは、昭和19年まで京福電鉄と国鉄三国線が並走していました。そして、国鉄三国線が運休となり、三国駅~三国港駅間を京福電鉄に貸与したとき、京福電鉄の線路が国鉄三国線の線路に乗り入れたところです。

貸与を受け、三国駅~東尋坊口駅を廃止とした京福電鉄の線路跡は、現在の線路の左側にある草生した築堤です。

また、踏切から少し三国駅側に行くと小さな排水路があり、現在のえちぜん鉄道の線路の横に当時の京福電鉄の線路がかかっていた橋台が残っています。

さらに、三国駅の少し手前には、国鉄三国駅のホーム跡が残っています。(国鉄三国駅は、その後京福電鉄三国駅として使用され、昭和57年にできた現駅舎は、その駅の場所より少し西の方に建てられました。)

国鉄三国線に沿いながら築堤を駆け上がり、京福電鉄はここで三国線の線路をまたいでいました

こんなに大きな橋脚も、夏には草に覆われてしまい、分かりにくくなります

国鉄三国線と三国芦原電鉄
とのオーバークロス

えちぜん鉄道三国駅前から三国港駅方向へ進むと、じきに踏切を渡ります。その踏切の両脇にある3つのコンクリートの塊が、三国芦原電鉄(後の京福電鉄)の線路跡です。

当時の三国芦原電鉄や京福電鉄の電車は、三国駅を出たあと、徐々に築堤を上がり、ここで国鉄三国線を跨いで、宿駅、東尋坊口駅へと延びていました。

戦時下の昭和19年、京福電鉄は国鉄三国線の三国駅~三国港駅の貸与を受けるとき、自社のこの区間、三国駅~東尋坊口駅を廃止にしています。

三国港駅を出て眼鏡橋のトンネルをくぐる電車

終着駅のひなびた感がある三国港駅(駅舎は改修前のもの)

眼鏡橋と三国港駅

えちぜん鉄道三国港駅手前でくぐるレンガ積みの橋は、眼鏡橋と呼ばれ、地元で親しまれています。

「ねじりまんぽ」と呼ばれる工法で作られたこの橋は、レンガがうねるように積まれていて、迫力を感じる、重厚な造りです。(眼鏡橋近くにある「蟹の坊」の喫茶コーナーから、このトンネルの構造をよく見ることができます。)

現在のえちぜん鉄道の終点三国港駅は、かつての国鉄三国線の終点でもありました。

近年まで駅構内にある3本の線路は、開業当時のまま敷かれていましたが、駅横の駐車場改修の際に、海側の側線1本ははがされてしまいました。

三国港駅構内にある資料館には、国鉄三国線や京福電鉄の年表や資料などが展示されています。

駅前にある三国港は、冬場なら越前がにの水揚げでにぎわっており、セリ場には大漁旗が飾られています。

ワンポイントコラム

JR芦原温泉駅
北側付近の再開発

北陸新幹線の福井への延伸に伴い、この周辺を再開発する計画があるそうなので、なるべく早い時期の訪問をオススメします。

国鉄三国線に関する略史

明治30年(1897) 9月 国鉄北陸線:福井~小松、開業
明治44年(1911)12月 国鉄三国線、開業
大正 2年(1913) 1月 国鉄三国線:三国港まで1.1km延伸、三国港荷扱い所設置
大正 3年(1914) 7月 国鉄三国線:三国港が停車場に昇格、旅客扱い開始
昭和 4年(1929) 1月 三国芦原電鉄:福井口~電車三国、開業
昭和 7年(1932) 5月 三国芦原電鉄:電車三国~東尋坊口、開業
昭和17年(1942) 8月 京福電鉄:三国芦原電鉄を吸収合併
昭和19年(1944) 1月 京福電鉄:電車三国~東尋坊口、運輸営業休止
昭和19年(1944)10月 京福電鉄:三国~三国港(国鉄三国線)、免許取得・営業開始
昭和19年(1944)10月 国鉄三国線:営業休止
昭和21年(1946) 8月 国鉄三国線:金津~芦原、営業再開
昭和47年(1972) 3月 国鉄三国線:廃止
昭和47年(1972) 3月 国鉄金津駅、芦原温泉駅に改称

「知らない」じゃ、もったいない[旅のススメ大特集]


一般社団法人 坂井市観光連盟 〒913-0063 福井県坂井市三国町安島64-1-166 東尋坊観光交流センター内 
TEL:0776-43-0753 FAX:0776-43-0753 e-mail:sakaishi_kanren@chorus.ocn.ne.jp

このページの先頭へ

©一般社団法人 坂井市観光連盟 All Rights Reserved.